2015年12月28日

侍道4

侍道4。
一週目をクリアし、女主人公を解禁しました。


百合百合しいゲームです。
残念ながら、ゲーム内では男対応になってますが……。
見た目だけでも百合なので、まぁいいです。

2015-12-28_00003.jpg
お判りいただけただろうか。
posted by sola at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

真・三國無双7 Empires

本当に久しぶりな百合カテゴリ投稿です。

アレですよ。積んでたゲームがまさかの百合だった。
まさかの百合だった。
大事なことなので二回言いました。

何時買ったのか覚えてませんが、「真・三國無双7 Empires」がまさかの百合でした。
大事なことなので三回言いました。


どこら辺が百合だったのか? 今から語りましょう。

このゲームには、告白→結婚というイベントがあります。
当然、異性しかできません。普通ならねッ!

百合にするにはどうするか?
簡単なことです。
イベントシーン回想を使うのですよ!

回想モードでは、好きな武将を指定できるのです。
両方を女性武将にして、もう「ウェヒヒヒヒ」です。
クールなキャラが「あなたはもう私の物」とか真面目な顔で言うんですよ? 女の子に。
台詞も武将毎に違うので、ニヤニヤが止まりません。
組み合わせは……数十あるんじゃないかと思います。

素晴らしい。
非常に素晴らしい百合ゲーです。
posted by sola at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

花と星

「花と星」はオススメです。
素晴らしい百合漫画でした。

ただ、まだ肩が痛いため、ここで長文を書いて紹介するのは明日以降ということで……。
posted by sola at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

楽天

まだ買えてません。

……スーパーセール前のイベントクジで手に入れたクーポンがまだ来てないんです。
送料が無料になるように調整して買い物かごに入れているため、クーポンが来ないことには購入ボタンを押せない状況。

色々考えた結果、今回は百合小説よりも「ささみさん@がんばらない」の続きを優先して買うことにしました。

百合関係は「花と星」という漫画だけです。
一話を試し読みしたら結構面白かったんですよね。
全2巻という短さが少し気になりますが、内容的には適切な長さかもしれません。

あとは百合小説かどうかはわかりませんが「幼女戦記」というのも購入予定。
ある「異世界への転生系ラノベ」のあらすじを読んだところ、「この設定で男→女に転生すれば百合っぽくて面白くない?」と思ってしまい……。
「幼女戦記」に行き当たったわけです。
「現代の中年オヤジが、文明の劣る異世界へ転生。現代の知識をフル活用して戦争しまくる」という感じのようです。



そういえば買うのを止めた本も紹介しておきましょう。
題名は「デート・ア・ライブ」です。
姪を溺愛する変態叔母百合小説であるところの「蒼穹のカルマ」と同じ作者です。
「蒼穹のカルマ」はかなり面白かったので「デート・ア・ライブ」も期待して良いと思ったのですが、いかんせんアニメを観てしまっています。
……知らないお話を読むほうがいいよね?っということで、今回の購入は見送られました。
唐突ですが時崎 狂三(くるみ)が好きです。あの壊れっぷりがなかなか良い。
きちんと(?)百合キャラもいるのですが、もうちょっと変態具合に壊れてくれないと自分的な好みにはなりません。

今思ったのですが、もしかしたら腹黒百合が好きなのかもしれません。
アニメ版しか見てませんが、「舞-HiME」の「藤乃 静留(ふじの しずる)」なんかが好きなキャラなんです。
後は古い作品になってしまいますが「ルナル・サーガ」という小説の「ジャネッティ・シルクレーン」も最高です。
この子は「アーシェリカ」という女の子が好きなのですが、アーシェリカは奥手なくせにかなり惚れっぽい女の子です。何度失恋しても、すぐ新しい恋を見つけたりします。
……気付かれましたか? 「何度失恋しても」です。
そう――ジャネッティが邪魔してるんです。その手段というのが、片思い中の相手を横から奪い彼氏にするという手段。(当然、アーシェリカの失恋状態を確認したら、ポイ捨てです)
失恋したアーシェリカを抱きしめ元気づけるというフォローまでしてます。
素晴らしい腹黒百合でしょう? もう大好きなキャラですよ。
最終的にはアーシェリカの幸せを願い身を退いたようですが、個人的にはグイグイ行ってほしかったです。
posted by sola at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

一気読み

「ストライクウィッチーズ スオムスいらん子中隊」。
二巻と三巻を一気に読みました。
一冊につき約200ページと薄い本ですし……なにより面白かったです。

3巻までの登場人物は6割がガチ百合ではないかと思います。
覚えてる限りになりますが、男性で名前が出たのは総司令官(だっけ?)とか偉い人くらいじゃなかろうかと。

あぁ、四巻が出ないという現実がとても悲しい。
posted by sola at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

蒼穹のカルマ

蒼穹のカルマ8 (富士見ファンタジア文庫) [文庫] / 橘 公司 (著); 森沢 晴行 (イラスト); 富士見書房 (刊)
『蒼穹のカルマ』
小学6年生の姪を溺愛する超優秀な変態叔母(17歳)のお話です。
変態です。すごく変態です。
一緒にお風呂に入った所を妄想し鼻血を吹き出す変態さです。

最終巻である8巻は全7章なのですが、各章のタイトルが1〜7巻の簡単なあらすじになっているのでここで紹介しておきます。


1.在紗のためなら異世界も魔人も神も無視する
姪の授業参観に行こうとする度に邪魔が入ります。

2.在紗のためなら騎士の名誉など塵同然
姪の誕生日プレゼントとして参加賞を得るために一回戦で必死に負けようとします。

3.在紗のためなら女子高生になることも厭わない
姪が何やら悩んでいるので、仕事を利用して隣の高校に転校し監視します。

4.在紗のためなら魔王となり異世界を恐怖に陥れる
姪との時間を増やすため忙しい仕事を辞め、異世界で魔王となり資金稼ぎをします。

5.在紗のためなら魔法少女にも変身する
姪を助けるために恥ずかしい変身ポーズをとりながら魔法少女になって活躍します。

6.在紗のためなら何度死んでも構わない
姪と生きるためなら鼻血を吹き出し何度も出血死しようが運命を変えてみせます。

7.在紗のためなら赤ちゃんにだってなってみせる
姪と赤ちゃんプレイするためなら記憶を失い幼児化しようが恥ずかしくありません。


どうでしょうか。素晴らしい変態でしょう?
この「蒼穹のカルマ」が素晴らしい点は、最終巻まで勢いを落とさなかったところです。
変態叔母は何があろうと在紗を救います。
6巻で――このお話はきちんと解決してないよね……と思っていただけあって、最後のオチは素晴らしかったです。
最後まで読み切ったら、きっとスッキリした気分になれるはずです。
百合成分は低いですがここはひとつ「蒼穹のカルマ」全8巻などいかがでしょうか。
posted by sola at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

あるゾンビ少女の災難

あるゾンビ少女の災難 I (角川スニーカー文庫) [文庫] / 池端 亮 (著); 蔓木 鋼音 (イラスト); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)

あるゾンビ少女の災難 II (角川スニーカー文庫) [文庫] / 池端 亮 (著); 蔓木 鋼音 (イラスト); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)
『あるゾンビ少女の災難』
百合小説だという紹介文だったから読んでみたら、そうじゃなかったんだぜ。

しかし!
今回買い、これまで読み終えた本の中では一番おもしろかったです。

舞台は、ある夏休み中の大学でのこと。
学内の倉庫に眠っているという伝説の正体を確かめんと、倉庫破りをし侵入した大学生達。
そして目覚める二人のゾンビ少女。
無事、大学を後にするのはゾンビか人間か!?

めんどくさくなったから、あらすじが適当になったんだぜ。
でも、だいたいの感じはお分かりいただけたかと思います。
よくホラー系の洋画である始まりですね。
盗まれてしまった大切な物を取り返すため、学内の寄宿舎に泊まっている大学生達を一人ずつ襲っていく――というゾンビ少女側の視点で、この小説は展開していきます。
読んでいて、実写映画化したら面白そうだなぁっという内容だったのですが、どうやら実写映画化されるようですね。ついでにアニメ化も。
実写映画のPVを見てみたのですが、「あぁ、これは駄目だな」という感じでした。
妙なアレンジしなきゃいいのにと思うのですが、そのまま実写化はやはり難しいんでしょうか。
ハリウッドだったらやってくれそうなのにね……。

そういえば実写版のキャストの中に徳井 青空(とくい そら)という名前がありました。
そう「クズのこと、ネロって言うなよ!」でお馴染みのネロの中の人です。たぶん。
気になってwikipediaで調べたところ、この方、実に多彩な芸をお持ちのようで、声優・女優・『漫画家』として紹介されていました。
そう『漫画家』でもあるようなんです。
すごいですね。

話しがそれましたが、「あるゾンビ少女の災難」は実に面白い小説でした。
アニメ版をちょっとだけ期待してます。
posted by sola at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

乙女革命アヤメの!

久しぶりに酷い本を読みました。
全3巻なので一巻ずつ感想を書いていきましょう。


乙女革命アヤメの! (MF文庫J) / KADOKAWA / メディアファクトリー
『乙女革命アヤメの!』
キャッチコピーは「バレたら終わりの身代わりコメディ!!」です。
序盤・中盤は確かにその通りでした。
非常に楽しく読ませて頂いたのですが……、終盤ラストに突然戦う魔法少女になりました。
……それも伝奇系で、何の脈絡もなくです。
確かに突然記憶喪失の女の子が現れたら、ちょっと不思議系の物語かな?と思わなくもありません。
でもこの展開はないだろうと。しかし、そこまでは大変面白い作品でした。


乙女革命アヤメの! 2 (MF文庫J) / KADOKAWA / メディアファクトリー
『乙女革命アヤメの! 2』
全3巻のうち一番面白かった巻です。
というのも、1巻でこれが魔法少女ものだということを知っていたからです。
起点というかお話を通じての背骨となりうる「謎」が設置されていないため、後半に突然やってくる魔法少女部分がなければなぁ最高なのにと思わされます。
というか「絶対作者は後半書くのに飽きてるだろ?」と勘繰ってしまいました。
そんなことはないと信じたいのですが……。


乙女革命アヤメの! 3 (MF文庫J) / KADOKAWA / メディアファクトリー
『乙女革命アヤメの! 3』
最終巻ですが、この巻を一言で表すと――「ご都合主義」です。
この作品を読んだ方なら皆納得してくれると思います。
1〜2巻で後半「書くのに飽きただろ?」と疑わせてきたこのシリーズですが、ついに!
「最初から書くのに飽きてただろ?」と疑わせるまでになりました。
一つのシリーズを打ち切り臭を匂わせずに終わらせたところだけは褒めたいと思います。


つまるところ……、1巻の中盤までは大変面白い百合作品です。
2巻も面白いお話なので1巻の展開に耐えれたのならオススメします。
しかし、必ず3巻で読まなきゃ良かったと思わされる作品です。
posted by sola at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

百合

もしかして、百合に関しては小説よりも漫画の方が面白いのかな。

っとさっき思いました。

今は、小説よりも漫画の方が育ってる気がするんですよね。
posted by sola at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

Aclla 太陽の巫女と空の神兵

Aclla~太陽の巫女と空の神兵 5 (YA!コミックス) [コミック] / 高田 慎一郎 (著); Bbmfマガジン (刊)
「Aclla 太陽の巫女と空の神兵」
ヤン百合漫画です。
主役と相方の絵がある方がいいよねってことで、画像は5巻の物をもってきました。
一応、右が主役で左がヤン百合娘です。左が主役っぽい絵ですね。
ヤン百合娘が抱き着かれてる構図になってますが、お話的には逆です。

詳しい内容は省いて、百合加減を少々紹介。
主人公はあまり百合っぽくありません。
相方が病んでるヤン百合娘です。
気に食わない、主人公に近づこうとする相手には、物理的手段を用いて排除しようとします。
主人公は異性にはあまりもてないので、同性に敵意むき出しです。
敵意というか殺意を出すシーンが、主人公に軽くでも近づく同性に対する方が多数で、
情緒不安定でかなり危うい精神構造してます。

にもかかわらず、最後まで主役に百合っぽさはなく超友情の域で……

唐突ですが、ネタバレ入ります!

ラストシーンが初代プリキュアです。
二人で手をつないで、初代プリキュアの必殺技っぽいやつをしやがりました。
「マーブルスクリュー」とかそんな感じの名前の必殺技です。
思わず突っ込んだね! プリキュアかよ!って。

プリキュアなので百合ではなく、超友情でおさめたっていう感じ――
打ち切られました。


この作者の作品は結構読んでます。
そして、どのシリーズでもわりと共通するのが打ち切り。
この作品も……すごく打ち切り臭がします。
その辺の話は、また明日!
posted by sola at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

ソルフェージュ 〜La finale〜

今の今まで楽天市場を見てました。
セールがあるんですけど、あまり良いのはない。
ぶっちゃけAmazonの方が安い……送料的に。

それでも昔の本を見つけたので、全巻購入に手を出してみようかと考え中。

ところで、ソルフェージュ 〜La finale〜。
以前にも書いたように音ゲー部分ができません。
指がね。ついてかないんです。
音ゲー部分を成功としてスキップできるようなのですが、それだとただのノベルゲー。
win8でも動くのかな。動くならまたやりたい。
posted by sola at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

百合男子

百合男子 第1巻 我思う、ゆえに百合あり。 (IDコミックス 百合姫コミックス) [コミック] / 倉田 嘘 (著); 一迅社 (刊)
『百合男子』
久しぶりの百合漫画。

存在は知っていたけれど、縁薄かった漫画です。

学校のクラス内で百合を探したりと、百合好きの男子高校生の話なのですが……

今、「ゆるゆり」の紹介回を読んでいて笑ってしまいました。
あっかりーんが、ほとんど見切れてます。
枠の端で半分しか顔がでていなかったり、ちなつの影になり顔が隠れていたりと、
百合男子の作者は、あかりの扱いがわかってるなぁって。

さぁ、続きを読もう。
posted by sola at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

積みゲー発掘

ソルフェージュ 〜La finale〜。
百合ゲーですね。百合ゲー。

以前このゲームについて書いたのは、2009年11月のこと。
2年近く積んで、今頃発掘してやってみました。

以前やったときはミニゲームの音ゲー部分でツミマシタ。
今回は、恥も外聞も捨ててEASYで始めたところ――

やっぱりツミマシタ。
最初のミニゲームで。
何回やってもクリアできません。ゲームオーバーです。


あきらめました。
このゲームは音ゲーとアドベンチャーの融合なのですが、
音ゲー要素を排除します。
以前コメントでいただいた、「自動演奏アドベンチャー」をオンにすることにしました。

うん、自分で演奏するのと違って、曲になってる。
音色がマビノギのmmlにすら劣ってるのが気になるけど……。
とにかく突破できました。


お話としては良い百合の匂いがします。
百合要素で必要なのは「嫉妬」ですね。
大好きなあの子が、他の女の子と会話してる!
手までつないでる!

冷静を装っているけれど「嫉妬」の渦で、思わず腕を掴んで引き離してしまうっていうのがイイ!
凄くイイ!



でも悔しい。音ゲーとしても楽しみたかった……。
百合神さま。自動演奏に堕落した私をお許し下さい。
とか、意味不明なことを書いてみます。

現在時刻23:54。
あと6分待って日付が変わってから投稿しよう。
一日一投稿の毎日更新を維持するために、こういう時間調整をたまにしてるのに気づいてました?
0時とか1時投稿なんかは、全部この時間調整をした結果だと思って間違いないです。

フハハハ……。あと4分。
長いな、長いな。無駄に書いて時間をつぶすよ。
今日はこれを投稿し終わったらPCの電源を落として、歯を磨いて寝る予定。
ちょっとジャンプを読みたい……。

あと2分。
かなりゆーーーーくり書いてるけど、そろそろネタがつきてきた。
あ〜、え〜っと。
そうそう、アラド戦記のサポートメールをもう一度送りました。
半年たってもサポートが進まないので催促です。

あと一分。
もうすぐ、もうすぐ。

ほら、0時。
posted by sola at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

続・ささめきこと

6巻の発行日を見ると、2010年。

おかしいよね……。
Amazonで検索しても出てこない――と思ったら、
どうやら検索が甘かったようで、あらためて見ると出てきた。
おかしい、昨日ブログに貼る時でさえ6巻までしか出てこなかったと思うのに……。
というか勝手に6巻までだと思い込んだせいで見つけられなかったこと?

奇妙な物語。
posted by sola at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

ささめきこと

ささめきこと 6 (MFコミックス) [コミック] / いけだ たかし (著); メディアファクトリー (刊)
ささめきこと
何時の間にやら5〜6巻が出てました。
百合ですね。百合。

正直、5巻の内容はいるのかな?っと疑問に。
5巻があるから6巻の内容に繋がるんだ!
とか言われそうですが、正直なくても話繋がりますよね。
むしろ無い方がテンポ良くなるような。

6巻は良かった!
「ささめきこと」は、静かな百合漫画なんだけど、6巻はなんていうか激動。
激しく感情が揺れ動いて物語がグイグイと進んでいきます。
5巻を某ハルヒの「エンドレスエイト」とするならば、
6巻は――ごめんなさい。ハルヒってあんまり詳しくなかった。
アレだ、アレ。
グレンラガンの「兄貴は死んだ! もういない!」の回。
あれくらい勢いのある内容でした。

7巻、ハヨ!
読むのと同じ速度で描いて欲しい状態。
posted by sola at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

ブラック★ロックシューター THE GAME

クソゲーとして名高い「ブラック★ロックシューター THE GAME」というゲーム。

どーーーーーも、百合ゲーとしては、かなり良い出来らしい。


いやいやいや。買わないですよ。
クソゲーって判ってるんだから。

でも、百合ゲーとしては良いらしいんですよね。



……いや、買わないですよ。
ただ、ちょっとAmazonで限定版が安く……。
posted by sola at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

今日見た夢の話

今日……ひどく怖い夢を見た。

赤いゴスロリ。
それを疑いなく着込み、あまつさえ、その格好のまま車を運転する夢。

怖いよ?
足元までゴスロリだよ?
しかも、本人は気に入ってる。


なんでこんな夢を見たのか、ちょっと考えてみた。

そして思い出したのがこの漫画。
フダンシズム−腐男子主義− 7 (ヤングガンガンコミックス) [コミック] / もりしげ (著); スクウェア・エニックス (刊)
「フダンシズム」
中学生の男の子(主人公)が、好きな女の子が腐女子だと言うことを知り、
彼女に少しでも近づきたいという願いから、ゴスロリ衣装を着込み女装するお話。

相手は腐女子なので、当然主人公も腐女子になろうと努力します――が、
最終巻になっても、腐女子とは「アニメが好きな女の子のこと」程度な認識に止まります。

凄く面白い、とか、絵が綺麗、なんてお世辞にも言えませんが、
なんか、味があって楽しい漫画でした。
続編が現在連載中らしい。

というか、上記の内容を知らずに読んだんですよね。
携帯の人は見えないかもしれないけど、上に張った7巻の表紙。
あの奇抜さに胸を打たれ大人買いという奴です。


ところで、この漫画。
ほんの少しだけ百合要素がありました。
「女装した」主人公の事が好きな女の子(ヒロインの一人)が出るんです。
女装した――に「」をつけたのは、相手が男の子であることを知っているから。
それでも、女装中の主人公を女の子としてあつかい、妄想してくれます。

この百合成分を読まずして察知し、手に取ったのだから……、自分でも凄いと思う。
posted by sola at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

百合成分

侍道2。

思ったよりも……百合じゃないなぁって。
女主人公にしても、町の人からは「おじちゃん」呼ばわり。
女扱いしてくれるのは、ほんの一部だけ。
本筋は全部男扱いっぽぃ。

見た目の変化も期待してたのに、装飾装備は一つしかつけれない。
これじゃぁ、面白みが……。
posted by sola at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

ヤンデレ惨 百合成分

はい、昨日思い出した百合成分です。

ちょっと変化球な百合成分。


ヤンデレ惨~ヤンデレの女の子に死ぬほど愛されて眠れないCD3~ / 河原木志穂, 水原薫, 下田麻美, 水橋かおり (CD - 2010)
『ヤンデレ惨』
ヤンデレCDの第三弾ですね。

このCDのヤンデレ部分――メイン内容は省略します。
今回はあくまでも百合成分なので。

さて、このヤンデレCDの百合部分は……
『第4話「桜ノ宮 亜梨主」(ありす)編』にあります。

ネタバレになりますが、この亜梨主という子。

シスコンです。重度の。

双子の妹である 桜ノ宮 慧梨主(えりす)を溺愛し、
妹が好きになった相手を篭絡し、自分に振り向かせた後にポイ捨てします。
妹と結ばれるのは自分であるべき と思い込んでます。

ヤンデレCDとしてはやや怖さは薄いですが、百合成分として――
も、やっぱり薄いです。

……なんのためにこの四話は存在するんだろ。
腹黒成分?
posted by sola at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

オクターヴ

ゲーム内イベントも終わったし、久しぶりに百合漫画の紹介。

オクターヴ 1 (アフタヌーンKC) [コミック] / 秋山 はる (著); 講談社 (刊)
『オクターヴ』
宮下雪乃。
15歳の時、アイドルユニット『She'sN』(シーズン)としてデビューするも……
大して売れず、すぐに解散。
18歳となった今は、かつて所属していた芸能事務所の見習いマネージャーとして勤務。

田舎から単身上京し働くも、孤独感に苛まれる日々。
そんなある日、雪乃はコインランドリーで岩井節子(いわい せつこ)と出会う。
「元アイドル」宮下雪乃と「元ミュージシャン」岩井節子。
奇妙な共通点が二人の距離を近づけ、秘めた思いを絡ませる。


うーん、上手く紹介できない。
これまで紹介してきた百合漫画とは微妙に違う路線で、
雪乃18歳と節子22歳という、
片方は未成年、片方は成人という組み合わせです。

雪乃は一度芸能界という大人の世界にいたこともあり、
年不相応な大人の思考を持っていますが、
節子という人物はさらに大人で雪乃をグイグイとひっぱります。
「どうやって押し倒してやろうか」とか、好きになってすぐに考える程に。

この漫画は相思相愛の百合漫画です。
大人だけど不器用すぎる節子が誤解を生んでしまったり、
大人の汚れは知ってるけど純粋でいたい雪乃が、
節子の愛を疑ってしまったり……と泥臭さを見せてくれます。

基本的にたんたんと進んでいく恋愛模様でやや盛り上がりにかけますが、
読み始めたら止まらないタイプの漫画です。
まだ最終巻は読んでないので 最後まで面白い! とは言えませんが、
読むなら一気に借りるなり買うなりするのをオススメします。
posted by sola at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

初めて知った百合げー

話をしよう。

あれは今から20年…… いや、10年前だったか。
まぁいい、私にとってはつい昨日の出来事だが、
君たちにとっては多分未知のゲームだ。

あのゲームにはファンディスクも発売されたから、なんて呼べばいいのか……
確か最初のタイトルは『ねがぽじ』。
そうあのゲームは4文字タイトルの先駆けだったよ。


――ということで、初めて百合っていいなぁ。
女の子が好きな女の子が好きだなぁっと思わされたゲームの紹介。
エロゲーです。えろげー。


ねがぽじ&ファンディスク スリム版 / くるりアクティブ
※↑はファンディスク同梱版です。
『ねがぽじ』
平らな胸。無駄に引き締まったお尻。
広場 まひる は「女の子」としての成長が訪れない、自身の身体を日々嘆いていた。

しかし、ある日のこと。
まひるは知ることになる。
実は自分が、「男の子」であったことを……。



今でいう「男の娘」が主人公のゲームです。
雑誌に体験版がついていたのでやってみたら、
これが物凄く面白かった。
確か序章のみで、エロ要素はなかったと思うので、是非やっていただきたい。

主人公の まひる はとても良い子です。
当時、このゲームが発売された時、こんな台詞が流行りました。

「男でもいい。まひるはオレの嫁」


好きな子を助けるために、自分が全校生徒に敵対する悪者になったり、
大切な物をドブに落としてしまった子のために、
「気持ち悪い」と思いながらもドブに腕をつっこみ落し物を探しだしたりします。
「ツライ・クルシイ・イヤダ」という強い不の感情を抱きつつも、
大切な人のために行動できる――そんな主人公なんです。



といった所で百合要素です。
まず主人公は女の子にしか見えません。
なのでビジュアル的に百合カップルになってます。

でもこのゲームの百合要素はそこではなく、
まひるが男の子だと判明する前から、
各ヒロイン(全部で三人)が恋心を抱いている点です。

一番それが現れてるのが、桜庭 香澄(さくらば かすみ)。
ツン9 デレ1 のツンデレ娘です。
まひるのことが好きでたまらないのに、
「まひるは女の子なのだから、これはいけない感情なのだ」と、
思いを隠して、親友として接し続けています。


作中、まひるが男の子なのだと判明した時、香澄はこんな事を思います。
「驚くよりも前に、嬉しくてたまらなかった。
そこら中の人と握手をし、無意味に駆け回りたくてたまらない。
わたしはまひるのことを好きでいて良いんだ!」


『そこら中の人と握手』。
これほど幸せに浮かれてる行動は、そうはない。
だからこそ、女の子のが好きだと苦しみ悩んでいた香澄の心情が際立ち――

百合っていいなっ!
女の子が好きな、女の子がいいなっ!
って思い出した……のさっと!
posted by sola at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

ベクター・ケースファイル

さぁ、今日も百合――成分が多少はある面白漫画の紹介さ。
そろそろネタ切れだから新しい百合分を補給したいところだね!

ベクター・ケースファイル(1)
『ベクター・ケースファイル』
榎 稲穂(えのき いなほ)は、かなり虫好きの女子高生。
常に白衣を着込み、虫に詳しいことから、
近所の子供達には「ムシキング」とまで呼ばれている程に……。

近代化した街に住み着く虫達との共存を探しつつ、
今日も稲穂は昆虫求めて東西奔走。


あらすじなんて、この程度でいいですよね。

基本的に都会に順応した虫達の生態を紹介し、対処していく漫画です。
虫がメインですが、気持ち悪さはありません。
ウジャウジャでる場面も少なめで、虫が苦手な方でも大丈夫です。

百合成分は……
各巻一回程度「エロ回」――と自分は呼んでいる回があります。
その回に多少あるくらいで、百合漫画とはあまり呼べないかもしれません。
まぁ、きちんと百合回があるエピソードは、百合漫画してるんですけどね。

百合を抜きにしても、十分楽しめる漫画なのですが、
惜しむらくは、お話として簡潔しなかったことです。
稲穂の最終目的まで描けずに、
「俺達の戦いはこれからだ!」的な中途半端な所で終わっています。

できたら女子高生から、大学生になった稲穂の続編を描いて欲しいところ。
posted by sola at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

あいたま

そろそろ(面白い)百合漫画も尽きてきたなぁっ……
と思ったけど、まだあったよ!
面白い百合漫画!


あいたま 1 (アクションコミックス) [コミック] / 師走 冬子 (著); 双葉社 (刊)
『あいたま』
アイドルの卵を育てる「天使の卵学園」(通称あいたま)。
そこに転校してきた 暮巳あい は自他共に認める重度のアイドルおたく。
現役アイドルや未来のアイドル達に囲まれ、
鼻血にまみれながらも、至福の学園ライフをおくるのだった。


また最初のあらすじを書いてたらめんどくさくなったよ!
主人公の 暮巳あい はアイドルおたくです。
「天使の卵学園」はどうやら女子高で、ことあるごとに鼻血を噴出します。

はぃ、おわかりですね?

アイドルおたく漫画というより、もはや百合漫画の域に到達してます。
ただ――主人公はあまり百合思考ではありません。
どちらかというと、親友である 松永樹里(まつなが じゅり) が百合っぽい感じで、
他のアイドル達に目移りする あい を独占したいと思ったり、嫉妬したりします。

やや百合度は低いですが、それを抜きにしても十分楽しめる4コマ漫画だと思います。
4コマ漫画があまり好きでない自分が、面白いと思うくらいですから。
posted by sola at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

半熟女子

少し間が空きましたが、百合漫画の紹介です。


半熟女子 1 (IDコミックス 百合姫コミックス) [コミック] / 森島 明子 (著); 一迅社 (刊)
『半熟女子』
男の子にうまれたかった。
高い声、低い身長、丸い顔。趣味はお裁縫。
佐倉八重 は、そんな女の子らしい自分が嫌いだった。

春、八重は女子高へと進学する。
なぜならそこは、異性の目を気にして、
自分が「女の子」であることを気にせずいられる気楽な場所だから。
しかしそこで知り合った 早水ちとせ は、男の子のような女の子。
自分が嫌いで自らを締め付ける八重は、のびのびと生きるちとせにひかれていく……。


ごめんなさぃ。途中でめんどくさくなりました。
まぁ、あれです。
少女漫画風、百合漫画です。
絵も、ぽわんぽわんしてます。
夢いっぱい「愛」いっぱい、っていう感じです。
全二巻とやや短めですが、綺麗にまとまってるので読み応え十分。

少女漫画的展開を気にしない人にはオススメです。
posted by sola at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

もっと百合漫画

三夜続けて百合漫画。

このブログは現在、FEZの戦争待ち時間に書いてます。

GIRL FRIENDS (1) (アクションコミックス) [コミック] / 森永 みるく (著); 双葉社 (刊)
『GIRL FRIENDS』
結構序盤の長い漫画です。
一巻丸ごと使って「好き」に気づく過程が描かれてます。

昔からずっと地味で通してきた主人公「まり」(熊倉 真理子)。
ある日のこと、隣の席の女の子「あっこ」(大橋 亜紀子)に、
「一緒に帰ろ?」
と声をかけられます。

何の接点もない派手なあっこに戸惑いながらも、
化粧や髪型、服装まで……ありとあらゆる美化のアドバイスを受け、
次第に仲良くなっていく二人。

互いを親友だと認識し始めた頃――
まりは、あっこに向ける自分の感情が「友情」ではないことに気づいてしまう。
思いを押し込め親友として接し続けるまりだったが、
やがて、それにも限界が訪れ……。


今回はめんどくさがらずに登場人物の名前を調べて書いてみました。
当然のことながら、かなり昔に読んだため記憶違いがあるかもしれませんが、
まぁ概ねこんな感じ。

絵が今風で綺麗なのですが、ちょっとお話に山場がないなぁっていうのが感想です。
面白い百合漫画であることは間違いないんですけど、
二度三度と読み直したくなるか?っていうと、
一回でいいやっていう気持ちになってしまう。
もうちょっと百合成分を足して欲しかった。
posted by sola at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

ゆりまんが

せっかくだから、二日続けて百合漫画を紹介してみる。

読んで面白かったやつだけ紹介するので、
たぶんハズレはなしです。


GIRL×GIRL×BOY―乙女の祈り― (アクションコミックス) [コミック] / KUJIRA (著); 双葉社 (刊)
『GIRL×GIRL×BOY』
第一話開始前から百合カップル成立状態となり、スタートします。
この設定は結構めずらしいかもしれない。

しかし――相手の子に「好きな男の子ができた」と言われ、
第一話冒頭でいきなり破局します。
それでも諦めきれない主人公は、なんとか寄りを戻そうとするのだけど、
実は、相手の子が好きな男の子とは、主人公に一目ぼれした転校生だったと……。

っていう感じに三角関係でお話は進みます。

なんていうか、主人公がとても可愛いです。
そしてガチ百合思考です。
相手の子への愛が半端じゃありません。
そして――ややネタバレになりますが、相手の子の主人公への愛も半端じゃありません。

この漫画の登場人物は全員、良い人です。
三角関係で話が進むのに、読み終わると結構さわやかな気分になれます。
「純愛」漫画とでも呼べばいいのかな。
転校生もなかなかに……
あれ転校生だったっけ。
確か、転校生だったと思うんだけど。
学年が上がるかして同じクラスになっただけ?
どっちだったけ。

まぁ、それは借りるなりしてお確かめください。
posted by sola at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

百合漫画

書くのを忘れかけました。


百合成分が足りません。
百合ゲーをやりたいです。

三国志10で男武将を女顔にして擬似百合ゲーにしようとしましたが、
なんだかむなしいので、女顔武将を作っただけで終わりました。
というのが、何日も前の出来事です。
このブログで三国志10の話題を出した頃のことです。

面白い百合ゲーか漫画ってなんだろ。
あぁ、漫画ならブッチギリで「少女セクト」。
少女セクト (メガストアコミックス) [コミック] / 玄鉄絢 (著); コアマガジン (刊)
キャラ設定もしっかりしてて、凄く面白かった。

極上ドロップス 1 (IDコミックス 百合姫コミックス) [コミック] / 三国 ハヂメ (著); 一迅社 (刊)
極上ドロップスも面白かったなぁ。
こっちは女子寮のお話で、ちょっと服従型の女の子が主人公。
少女セクトがSなら、こっちはM。


……いけない。
日付が変わってしまう。
ので、ここらで投稿と。
posted by sola at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

奴はとんでもない要素を隠し持っていました

困った、とても困った。
知りたくなかった。

まさか――

PSPo2に百合要素があったなんて!

主人公の性別でイベントが変化しないため、
泣いてるヒロインを抱きしめるのがちょっと百合っぽぃとかその程度のようだけど……。

どうする? 買う? 買うの?
百合げー。
posted by sola at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

珍遊記2

久しぶりに百合漫画の話題です。
今、あの人は何を描いてるのかなぁってことで気になって調べだしたのが始まり。

漫☆画太郎っていうギャグマンガ家さんをご存知ですか?
もう十数年前に週刊のジャンプで確か連載してた人なんですが、
この人が書く絵は、基本的に下品なんですが、一部キャラが凄く可愛いんです。

それが、娘々(にゃんにゃん)っていうキャラなんですが、
この娘が主役でその昔『まんゆうき』(全二巻)っていう漫画があったんですが、
今日調べてみると続編がでてたようなんです。

題名は『珍遊記2〜夢の印税生活編〜』。
なんとこの作品で、娘々の他にもう一人女の子キャラが出てくるようで、
そのキャラが百合設定という……。
現在、どの程度百合なのか確認中なのですが――場合によっては買ってまうかも。
posted by sola at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

るいは智を呼ぶFD






るいは智を呼ぶ -フルボイスエディション-

るいは智を呼ぶ -フルボイスエディション-

  • 出版社/メーカー: 暁WORKS
  • メディア: DVD-ROM



『るいは智を呼ぶ』の紹介です。
うえ二つはアフィリエイトではないのでご安心ください。
怪しげな広告ではないですよっと。

俗にいう『男の娘』っていうやつですね。
『男の娘』系は、それなりに好きです。百合っぽいので。
何せ、男だとバレルまでは、
ヒロイン候補は主人公のことを、自分と同じ女の子だと思ってるんです。
「同姓である女の子を好きになってしまう……」という戸惑い部分が、
たまらなく好物なんです。

この部分を上手くやったのが『乙女はお姉さまに恋してる』っていうゲームで、
貴子さんルートが素晴らしく良かった!
でもまぁ、今回は『るいは智を呼ぶファンディスク』の紹介なので、
『乙女はお姉さまに恋してる』に関してはそこらで終えます……。


過去にこのゲームの本編について紹介したことがありますが、
ここでも簡単に紹介しておきます。

超能力的な『才能』と、その代価として与えられた『呪い』という名の禁則事項。
この二つを合わせ持つ8人の女の子。(一人は男の娘)
そんな彼女達が呪いの正体と、その解き方を探――ってたのが前回の本編で、
今回のファンディスクは、そのサイドストーリー集になってました。


さて今回のファンディスク……、現在はまだ序盤の序盤までしか進んでませんが、
はっきり言って、かなり蛇足的な印象を受けてます。
面白くないのではなく、ズレテルっていう感じなんです

ファンディスクということで、対象は当然本編の購入者――中でもトゥルーエンドを見た人達対象のはず。
なのにトゥルーエンドルート以外での話をねじ込んでしまっているため、
辻褄の合わない部分がでてきたりと……、上でも書いたように蛇足になってしまってるんです。

トゥルーエンドルートのサイドストーリーだったら良かったのに!
posted by sola at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

のんのんびより


のんのんびより 1 (MFコミックス)

のんのんびより 1 (MFコミックス)

  • 作者: あっと
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2010/03/23
  • メディア: コミック



そういえば、現在のブログテーマである「のんのんびより」。

少しだけ読みました。

結構面白かったです。
名作! というほどではなくても、普通に楽しめる内容でした。

あらすじは……
都会っ子(小5ロリ)が、田舎に引っ越してきて直面するいろんな事ってとこか。

もっと簡単に言えば、
「ひぐらしのなく頃に」の登場人物を全員女の子にして、
悲惨な事件が全くないギャグ漫画にした感じ。

主人公の都会っ子(小5ロリ)が微妙に百合です。
エピソードとして活用されることは少ないですし、
それぞれのキャラがまだ立ってませんが、
長く続けばオススメ漫画になると思われます。
今でもそれなりに面白いけど……。
posted by sola at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

百合

何か百合ゲーか、百合漫画を読みたいなっと。

何かないかな、何かないかな。

たららら〜らん ららら らん。
posted by sola at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

続ソルフェージュ

たった今気づきました。
昨日ブログを書き忘れていたことを……。


アレです。
携帯を買い換えるためにデータを移そうと頑張ってたんです。
一応それっぽぃ理由だなと思って頂けたでしょうか。


今確認したら書いてました。 orz

ところで、以前書いたソルフェージュの件ですが、
>タイトル画面にある「Option(オプション)」で、
>「自動演奏アドベンチャー」のところを「ON」に
>して頂いて、あとはお話中に演奏するところが来たら、
>そのまま放置しても、キーボードの「Esc」を長押しして
>頂いても、成功と判定して先に進めます。
というコメントを頂きました。
HDDの容量を空けようとアンインストールしてしまったのが悔やまれます……。
積んでしまった状態から発掘し、再びチャレンジしようと思います。
すべては百合のために。
ありがとうございました。
posted by sola at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

私立ジャスティス学園 熱血青春日記2


私立ジャスティス学園 熱血青春日記2 カプコレ

私立ジャスティス学園 熱血青春日記2 カプコレ

  • 出版社/メーカー: カプコン
  • メディア: Video Game



以前紹介したことがありますが、
今日は特にネタがなかったことと、検索で来てる人もいるようなので軽く紹介します。

「私立ジャスティス学園 熱血青春日記2」

百合okなゲームです。
試していませんが、おそらく薔薇もokだと思います。

このゲームの良い所は、主人公の言動がなかなかに良なところです。
特にエンディング少し前の女主人公+ヒナタ(女)のシーンなんて、
凄く切なく可愛らしく描かれてます。
思い出せる限りで書くと……

恋愛成就の神社で、ヒナタと待ち合わせ(デートではなく修行の、です)。
ヒナタより早く到着した主人公。
ヒナタを驚かしてやろうと神社の脇に隠れます。
しばらくして到着したヒナタ。
主人公がまだ来てないことを確認し、神社で願い事をします。
「主人公が私のことを好きになってくれますように……」
脅かしてやろうと隠れていた主人公、
びっくりして思わず音を立ててしまい、ヒナタに気づかれます。
「「…………」」
きまづい二人。
「アハハハ。冗談だよっ」
笑って冗談だと言うヒナタに主人公が言います。
「冗談にしていいの? ヒナタはそれでいいの?」
真剣な表情でヒナタに詰め寄る主人公。

と、こんな感じです。
「冗談にしていいの?」
この台詞を聞く(音声なしだけど)と、
もぅそこらを転げまわりたくなる程に切なくなってしまいます。

このゲーム。
他にも女性キャラがいますが、それぞれが高水準の百合シナリオをもっているようです。
格闘ゲームということで、少々人を選ぶかもしれませんが、
百合ゲーが好きなら苦手でも挑戦すべきゲームです。
ゲーム事態もおもしろいですしネ。
posted by sola at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

ひゃくあい

追記です。
百合関係の記事が増えてきたので「ひゃくあい」をタグ追加。

他のブログのように複数のタグを付けれればいいのに……。
一つしかつけれないので、ぐっちょん、ぐちょんの年齢制限物も一緒のタグになってます。
posted by sola at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ひゃくあい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする