2018年07月04日

『DARKER THAN BLACK』

『DARKER THAN BLACK』という作品があります。
このシリーズってもう終わってるんでしょうか?

確か二期アニメがあって……。
よくわからないまま終わった記憶があります。

確か契約者が安心して暮らせる別世界を作って移住したとか、そんな終わり方でした。
今思えば、ささみさんやシャナと似たような終わり方ですね。

ただ主人公とヒロインについては解決してなかったような気がします。
プロジェクトとして終わってるんでしょうか。

ただですね。確かつい最近全話無料があった気が。
ん〜どうだったか。
録画してあるので特に注目したなかったんですよね。
何か動きがあるんでしょうか。

わたし、気になります。
posted by sola at 21:09| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

『ゴースト・イン・ザ・シェル』

はて? 昨日も同じタイトルだった気がします。


実写版『ゴースト・イン・ザ・シェル』の感想です。
映像は頑張ってると思います。

問題点は――キャラとストーリーのミスマッチ。


アレですよ。
原作キャラ使うのに、なんでオリジナルストーリー。
オリジナルストーリーなのに、なんで原作キャラ使う。
そんな感じです。

主人公は少佐です、が原作の少佐ではありません。
周りは原作キャラなのに主人公を微妙に変えてます。
で、微妙に変えた主人公+オリジナルストーリー。なのに周りは原作キャラ。
だったら完全スピンオフにすればいいのに……。

ネタバレになりますが、主人公である少佐は記憶喪失です。そして全身義体なサイボーグ。故に魂を実感できない。
「自分は人間なのか物なのか」そういう葛藤が主題なようです。

……原作少佐は幼少期から義体です。そんな過程終わっています。たぶん。
そして長く義体を使っていたからこそ、高度で繊細な動きが出来る。そんな設定でした。
実写映画だと、義体使用歴は3〜5年くらいでしょうか。下手すると2年くらいかもしれません。
習得、早いっスねぇ!


結論としては、オリジナルなのか原作なのか、どっちつかずで面白くない。
そんな映画でした。
posted by sola at 20:49| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

映画

ちょっと今から映画を観ます。
ねっころがって。

らくちん、らくちん。
posted by sola at 20:42| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

ポン子

『ウェザーニュース』というお天気番組に出てくるバーチャルお天気お姉さんです。
『WEATHEROID TypeA Airi』というのが正式名称なのですが、その通称が『ポン子』……。

名は体を表す。

つまりポンコツです。

例えば骨折。腕があらぬ方向へ曲がります。
首がグルグル。映画エクソシストで有名なアレです。
占いコーナーで「今日の最下位は〜?」→「かに座!チ〜ン(SE」を連呼してしまう。
「かに座!チ〜ン(SE」「かに座!チ〜ン(SE」「かに座!チ〜ン(SE」「かに座!チ〜ン(SE」

唐突ですが、山岸愛梨さんについて書いておきます。中の人なんていませんよ?

山岸愛梨さんは元声優志望のお天気お姉さんです。兼業でポン子のマネージャーをしています。
声がポン子にそっくりで、トラブルでポン子が消えると山岸愛梨さんが映ります。
マネージャーなので近くでスタンバイされてるんでしょうね。
ポン子は自身を「山岸」と言うことがあります。とても親しい間柄なのでしょう。

まとめ動画がアップされているので気になった方はグーグル先生辺りにお尋ねください。
posted by sola at 23:09| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

キズナアイ、スポンサー離脱

はい。例の話題です。
『キズナアイのBEATスクランブル』。


BS日テレでヴァーチャルユーチューバーのキズナアイさんが番組をしてました。
30分です。一人で30分。

スポンサーは一社です。そのスポンサーが……降りました。
番組内容の酷さに激怒です。
ツイッターで「お金をこんなことに使ってしまい、申し訳ありません。スポンサー降ります」です。


さてさて気になる番組内容なのですが……。

実は! このニュースを書いてるのに番組内容に触れているサイトはほとんどありません。
まぁ、あれですよ。観てなかったんですよね?
掲示板等で降りた原因を考察している書き込みもありますが、やはり番組欄に載っているようなことしか書いてません。

なので! 観ていた自分は番組内容について書いてみましょう。


4月から放送の全三回。その内容がこちらです。


『第一回放送』
ゲストとして大物プロデューサーを呼んでIT系の話をしました。
1964年(東京オリンピック)当時の東京をVRで再現!なんかは、実際の画像を交えながらで非常に面白い内容でした。

『第二回放送』
みなしごハッチを一枠丸ごと垂れ流す……。

『第三回放送』
再放送。


実は第三回放送は見てません。この番組、web配信もされているのですが、それが更新されなかったので……。
URL貼っておきますね。
https://cu.ntv.co.jp/KizunaAi_20180413/



降板理由については、考察として三つ書かれています。
『低予算を誇張していた』『みなしごハッチ垂れ流し』『再放送』。
最初のは違いますね。低予算誇張なんてよくあることです。ちょっと古いですが勇者ヨシヒコとか、最近では勇者ああああなんかでも、そう言った発言あったはずです。

なので、問題なのは『みなしごハッチ垂れ流し』『再放送』の二つ。
とくに垂れ流しは、ガチで垂れ流しです。
DVDとかでオーディオコメンタリー版を見たことあるでしょうか? 正にそれです。
しかも一人で30分……。中の人に同情します。


話は変わりますが、スポンサーというのは番組間に流れるCM枠の買い手です。
スポンサーがいなくなるということは……最悪、自分で自分のCMを流すことになります。
CMにも規格があります。なので流せるCMをもしかしたら今必死に作っているのかも。とか。
スポンサー降板は今月(4月)なので、今週で突如終了、5月から別番組になっている可能性も……。
posted by sola at 21:56| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

『ヒナまつり』

さぁ、アニメ版『ヒナまつり』がニコニコ動画にもきました。
でも……ちょっと……アレでした。

作画は良いんです。一話冒頭とか動きまくって気合いが見えすぎます。

でも肝心なお話が……。
一話に事情を詰め込むために、無理やり構成したっていう感じです。
原作の面白さがありません。

作画が素晴らしいだけに惜しい。非常に惜しい作品になりそうです。
posted by sola at 20:30| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

『PERSONA3 the Weird Masquerade 〜藍の誓約〜』

さてさて、ついに書く時が来てしまった。
そんな感じです。

ぶっちゃけた話……書くのを忘れていて、さっき思い出しただけなんですが。


『PERSONA3 the Weird Masquerade 〜藍の誓約〜』。
舞台版のペルソナ3です。
キーワードはPhotoshop。
少しずつ書いていくので、何故キーワードがコレなのか予想してみてください。

今回の舞台は前作から間が空いていたこともあり、最初は総集編的なダイジェストでおさらいがありました。
なにせ2年近く経ってますから、この総集編はあって良かったと思います。

途中、一部でキャスト変更はあった物のシリーズ通してほぼ同じ配役です。
再度書きますが、前作から二年近く経っています。残念ながら上手くキャラを掴んでいた俳優さんも、今回はちょっと掴み損ねている感じがしました。
高水準で纏まっているので、その辺りではまぁ問題ありません。
最終章で修正してきてくれれば良いなっという程度のことです。

再々度書きますが、前作から二年近く経っています。
最初期から数えると三年以上です……。
そりゃぁ……育ちますよ。三年前は子役だった子も。

はい、お判りになられたでしょうか? 天田少年のことです。

設定上は小学生なのですがすくすくと育って、すっかり天田青年になっています。
半ズボン、ちょっと無理がないかと。
背がね、明らかに高いんです。全員集合とかなると……女性の隣には立たせられないっていう感じです。
もう少ししたら恐らく女性主人公ことハム子よりも背が高くなってそうです。

……成長期的にギリギリ。そうギリギリで滑り込んだという感じでした。

キーワードのPhotoshopですが、つまり……ジャケットの写真が思いっきり加工されてました。
なんていうか、ロードオブザリングのホビットです。子供の体に大人の頭が載っているというあの感じ。
しかも、もう少し上手く加工しろよといいたくなるクオリティです。
今回の『第四弾』を観終わりDVDをケースに戻した時、ジャケットの写真を見て噴き出してしまいました……。

これは恐らくなのですが、『最終章』では天田少年の出番、けっこう少ないんじゃないでしょうか。
エピソード的には荒垣さんとの絡みも終わってますし、語るべき物は残ってない感じです。

……一応断っておきますが、『第三弾』の天田少年はかなり良かったです。
舞台版解釈ならではの天田少年――という感じでマッチしていたと思います。
成長期。避けようのないソレが訪れただけの話なのです。
posted by sola at 21:28| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

脳内残響

困ったことに脳内残響が続いています。
クソアニメのあのクソED曲です。


数日前、ポプテピピックが最終回を向かえました。
それからずっと響いてます。

ぶっちゃけ良い曲だと思うんです。
歌詞もなかなかのものです。

個人的には男性バージョンの方が好きです。
posted by sola at 21:30| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

完結しなかった名作アニメ

名作アニメで超ヒットしたのにもかかわらず完結しない。

それが『TIGER & BUNNY』。

誰もが劇場版で完結するのかな?と思ったはずなんです。
なにせTV版の続きですし。
でも完結しなかった。
結局、謎は謎のままで物語は終焉しました。


SAOで武器掘りをしてます。録画を観ながら。
もったいない。今見直しても実にもったいない。
続き出して欲しいです。
posted by sola at 22:12| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

録画失敗

昔々、『けものフレンズ』の一挙放送がありました。

……録画を失敗してました。


まぁそれはそうとフレンズ達ってわりと個人主義。
posted by sola at 21:03| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

好きなジャンル

以前書いたことがある……そんな気がします。

震災の際、子供たちを対象としたアニメ映画を上映しようという企画があったそうです。
そこで起きた問題というのが……、「何を上映するか?」ということ。

誰でも思い浮かぶのがジブリ映画。
しかしコレは却下。ジブリ映画は水や火で物語に谷をつくります。
ドラえもんも似たような理由で却下。人死にはでませんが「世界が滅びる」が多いんですよね。

――で、ここからです。
自分だったら何を薦める?

アニメ映画には限らずに考えた所、『氷菓』という結論がでました。
日常の中のミステリー系です。

もしかしたら日常系の軽いミステリーが好きなのかもしれないと。
そんなことに気づきました。
posted by sola at 21:40| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

AGI

フェイタルバレットのAGIはどうも死にステータスっぽいです。

移動速度は上がるけれど、それを活用するにはSTRを上げなければなりません。
STRとAGIをあげて……果たして火力がでるのか?

ということで死にステータスっぽいです。
posted by sola at 23:21| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

『灰と幻想のグリムガル』

『灰と幻想のグリムガル』を今読んでます。

本の帯に「アニメ化」の文字が載っています。
原作はだいぶ進んでいるわけですが……アニメ化二期が来ないですね。
はてさて一期は何時だったっけと調べてみると、2016年の1月。なんと2年前。
もうそんなに立つんですね。

六花の勇者……、原作の続きはいつ来るのか。
posted by sola at 23:45| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

ウテナ最終日

ウテナ一挙放送の最終日なわけですが……。

眠すぎてドロップアウトです。
残念ながらタイムシフトのお世話になりそうです。

URLを貼っておきます。
19時スタートです。

http://live.nicovideo.jp/gate/lv311156159
posted by sola at 18:16| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

世界を革命するために

はい、タイトルの台詞に覚えがありますか?

ニコ生で『少女革命ウテナ』の一挙放送中です。
何日かに分けて放送されます。
URLを貼っておくのでみましょう?

http://live2.nicovideo.jp/watch/lv311156156
posted by sola at 22:01| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

『ばくおん!!』

『ばくおん!!』を観ました。
確か2〜3話切りしたアニメです。

……評価の難しいアニメだと思います。


前半はそれほどでもなく、中盤が面白く……。
後半がなんだかなぁっという感じです。
正直な所オススメはしません。

できたら中盤のテンションのまま行って欲しかった。
posted by sola at 21:06| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

『ReLIFE』

録画しておいた『ReLIFE』を観てます。

ツッコミたい所は多々ありますが……、面白いの一言です。
ただし、やや展開の遅さが目立ちます。

二期があるようなので、そちらも期待してます。
posted by sola at 23:22| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

『ポルターガイスト』のネタバレ

そう言えば、怖い名作映画の一つとして『ポルターガイスト』がありました。
なぜだかコレまで思い浮かばなかったのが不思議です。
※ちょっと調べたのですが、どうやらこの映画リメイクされたようです。
今回のネタバレは1982年版(古い方)になります。

そして、簡単なあらすじとオチです。
よく覚えてないのですが、確かこんな感じです。


新しい家に引っ越してきたフリーリング一家。(家族構成は、父母に男の子が一人と女の子が二人の四人家族)
その家でポルターガイスト現象が起こります。
いろいろ合った挙句、霊感?がつよかった末娘が霊界?に連れ去られます。
霊媒師っぽい人の力を借り末娘を取り戻すのですが……。
なんと家中にミイラが出現。ドンッドンッドンッ!という感じにパニックホラーばりに出てきます。

そしてオチなのですが……。
家が建てられた土地は元は墓地でした。
本来ならば埋まっていた遺体も移転させる予定だったのですが、『誰かが』ソレを中止し墓標のみを移転させるという手抜き工事を行いました。
そのことに怒った霊がポルターガイスト現象を起こしていました。

ラストはミイラに襲われつつも家から脱出。
車でホテルかどこかに行き……TVを外に出すというシーンで終わります。


『ポルターガイスト』のパッケージとかを観て欲しいのですが、一人の少女がTVの前に座り砂嵐画面(放送終了後の何も映っていない)を観ています。
この映画ではTVが霊との会話に使われていました。ただし会話できるのは末娘だけですが。

それを踏まえたうえで最後のシーンを観ると、なんだかホッとした気分になれます。
間違いなく名作の部類に入るので……ホラー嫌いな方も、たまにはどうでしょう?
安心してオススメできる面白い映画です。
posted by sola at 23:35| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

『りゅうおうのおしごと!』

アニメ版『りゅうおうのおしごと!』。
観てはいるのですが……、どうにも原作エピソードが切られまくってる感じです。

とはいえ原作は読んだことありません。
呼んだのは漫画版の方です。
せっかく面白いエピソードが沢山あるのに……もったいない。

漫画版はネット配信もされているので読みましょう。読みましょう。
http://www.ganganonline.com/contents/ryuou/
posted by sola at 23:18| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

『ゆるキャン△』

『ゆるキャン△』観ました。

ラーメン大好き小泉さんよりも美味しそうにラーメンを食べてました。

思いましたよ。カップラーメン買ってこようかなと。
posted by sola at 20:42| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

だがしかし

以前ニコ生でやってました。『だがしかし』。

たまに観たくなります。
録画して置いてよかった。
posted by sola at 22:55| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

魅入るアニメ

ニコ生一挙放送で『キルラキル』やってます。

上手く最終回をまとめたためほぼ100%二期はないアニメです。
でも……あると嬉しいなぁっと今でも思います。

http://live2.nicovideo.jp/watch/lv309640118
posted by sola at 21:24| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

オレンジペコ かわいい

グーグルで『オレンジペコ』と入力したら、『かわいい』が付与されました。
わかってますね。すごいよ、グーグル先生。

ちょっと前、劇場版のガールズ&パンツァーが放送されました。ニコ生で。
音が凄い。こだわってるなぁっと。
posted by sola at 21:21| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

『フジミ姫 〜あるゾンビ少女の災難〜』

『フジミ姫 〜あるゾンビ少女の災難〜』。
今回はネタバレではなく感想です。
ストーリー自体はずいぶんとアレでした。

原作では確か大学構内の一夜だったはずなのですが……。
恐らく予算がなかったのでしょう。大学っぽいシーンは最初だけで、後はどこぞの山奥でした。
この映画は「設定だけ借りてきた別物」というやつです。残念。

ただ、面白くなかったかと言われればそうでもありません。
面白かったとは言えない程度には面白くなくはない。そういう微妙な線でした。
監督が恐らくジョジョ好きだったのでしょう。ジョジョを知ってるなら笑えるネタが幾つか出てきます。
そして『サマーウォーズ』も好きだったのでしょう。知ってるなら笑えるネタが出てきます。

まさかフジミ姫でポルナレフの「今、起こったことを……」ネタが出てくるとは思いもしませんでした。

それはそうと、アルマというゴーレムメイド役の春奈るなさん。非常に可愛かったです。
そしてこの方。きちんと演技が出来る方なんですね。凄く良かったです。


とりあえず!
小ネタを入れていくのはいいけれど、疑似的クローズド・サークルという部分を失くしたら台無しじゃない?
っと言いたい。
posted by sola at 21:24| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

届きました

今回はDVD。

ずっと観たかったホラー映画です。

『フジミ姫 あるゾンビ少女の災難』。
原作小説で実写化された作品で、完成はしたものの上映はされなかったとか。
でも、評判はそこそこ良いようで興味があって仕方がないと。

レンタルで借りられれば良かったのですが、古い作品でもうレンタルしてませんでした。
郵送によるレンタルがあるようでそれも考えました。
しかしながら……レンタル落ちを買った方が安くない?って。

届いたものを観て所、パッケージ的には通常販売されていた物のようです。
この映画、実は新人時代のあんな人やこんな人が出てたりします。
たとえばミルキィホームズの黄色こと「クズのことネロって言うなよ」な空丸さんとか。

これから観ます。楽しみです。
posted by sola at 22:31| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

『ラ・ラ・ランド』

『ラ・ラ・ランド』観ました。
題名的に食わず嫌いをしていたのですが、非常に面白かったです。
エンドロールを早送りせずに観終わったのは久しぶりです。

詳しくは後日に。
恐らく明後日くらいです。
posted by sola at 20:02| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

『ゼイラム』

二次元を実写化。
神をも恐れぬその行為。
いろいろと騒がれています。

――が、ここで一本の映画を紹介したく今日の投稿となりました。


タイトルで既に書いていますが『ゼイラム』という和製SF映画があります。
約20年前の映画で……さらに低予算です。

嫌な気しかしないかもしれませんが――凄く面白い映画でした。
簡単に記憶であらすじを書くと、

逃亡した凶悪な古代兵器『ゼイラム』。そして、それを追って地球へとやってきた賞金稼ぎイリア(ヒロイン)。
ゾーン(結界的な閉鎖空間)を作り出し、そこに『ゼイラム』を追い込むことに成功したのだが……。
アクシデント発生、地球人二人も一緒に閉じ込められてしまった。
イリアと地球人二人は協力し『ゼイラム』を倒し、無事ゾーンから脱出できるのか!?

と言った感じです。もう一度書いておきますが記憶です。
たぶん、若干の違いがあると思います。

この映画。お金の使いどころがホントに上手でした。

まずは撮影場所! 実質、ゾーン内だけ。そのゾーンも大して広くありません。
そしてキャスト! イリアとその相棒AI(声だけ)。地球人二人。ゼイラム。たった5人です。
SF要素の制限! ゼイラムは逃亡中な為、大した装備を持っていません。地球人二人は普通の電気工。SF装備はイリアだけ。つまりイリアとゼイラムに予算を集中させ、しっかりした物を作れば凄く見栄えがよくなります。

ストーリーも素晴らしい。
なにが素晴らしいって、下手に恋愛要素を入れなかったことです。
地球人二人はおじさんと青年なのですが、どちらもイリアとくっつきません。
二人は電気工な為、現地の物を活用してイリアを手助けしますが……、正直な所、足手まとい。
イリアが惚れる要素はほぼありません。
確か最後は戦友として記念写真を撮ってたくらいスガスガしい物でした。

この『ゼイラム』という映画。実は『ゼイラム2』も制作されています。
面白かったですから、やはり売れたのでしょう。
お話も1と繋がっていて、地球人二人がまたメインキャラとして出てきてくれたのは大変嬉しかった記憶があります。


さてさて前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。
実はこの『ゼイラム』という映画、OVA化(アニメ化)されました!
実写映画からのアニメ化。珍しい展開です。
クオリティも高く、ゼイラムやAIの秘密等にも掘り下げられました。

内容的にも重複はしていないので、実写を観た方はOVAを。OVAを観た方は実写を。
両方観てない方は……両方を是非観ていただきたい。

絶賛はしないけれど、そこそこ楽しめる内容です。
posted by sola at 21:56| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

『ブレアウィッチ2』のネタバレ

表題の通りです。
過去に何度か紹介したことのあるホラー映画『ブレアウィッチ2』。
最高に面白く怖い映画なのですが、もうそろそろネタバレに走っても良いんじゃないかと思う次第です。


簡単に記憶であらすじを書くと……、
『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』のヒットを受けて賑わう町。
そんな町で「映画の撮影場所に行ってみようぜツアー」に参加した4人の男女。
様々なアクシデントに会い、仕方なく大きな倉庫の様なところで一晩を過ごそうとするのだが――。

という感じだったと思います。

物語としては、参加者の一人(女性)が魔女にとりつかれたかの様に変貌。ソレにどう対処するか? と言ったところです。
結局、殺すという手段をとるのですが……ここで最後のオチが来ます。
参加者の一人がビデオカメラを持ち込んでおり、全てを撮影していました。
そして自分たちの潔白――魔女にとりつかれていた人物(犠牲者)がいた――を証明するため警察に動画の提出をします。

しかし、そこに映っていたのは……

必死に命乞いをする犠牲者の姿でした。
そこには不気味で不可解な言動は一切ありません。
錯乱した(?)仲間たちを必死に宥めようとしています。

そして逆にオカシイ言動をしているのは――自分達の方。
そう、まともな女性(犠牲者)を追い詰め殺す様が記録されていたのです。

魔女の呪いにかかったのは誰だったのか?っというのがオチになります。
この映画は録画された映像を確認した場面で終了しているため、「犠牲者が魔女に呪われていた」のか「殺した側が魔女に呪われていた」のかは不明になっています。
個人的にはビデオの映像が真で、記憶の改竄も含めて呪われていたのではないかと思っています。
posted by sola at 22:56| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

苺ましまろ

『苺ましまろ』という漫画があります。

4年半ぶりに最新刊が出るそうです。

……まだ連載してたんですね。

面白い漫画なので読みましょう。
可愛いは正義です。
posted by sola at 23:27| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

おおきく振りかぶって

『おおきく振りかぶって』、本当に熱い野球漫画(アニメ)です。

高校の頃の野球部は……、朝練なんてしてませんでした。
朝練してる運動部が、朝練してない野球部を応援するという不思議な光景でした。

まだ無料期間ですよ?
http://ch.nicovideo.jp/oofuri
posted by sola at 22:46| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

心に刺さる名セリフ

最初、『心に残る名セリフ』と書きました。

……よくよく考えると、正確に記憶していないので『残る』は変だと思いなおし『刺さる』にしました。
正直でしょう??


もう何年も前に見たドラマな上、たまたまTVを付けていただけなので何というドラマなのかも不明です。
病院の派閥争い的な内容だったことだけ、おおまかに覚えています。

そんなドラマの1シーンで、「どちらが副院長になる!?」的な会議がありました。
ある患者の治療を「A案で行くか、B案で行くか」という会議です。
そして勝った方が次の副院長――な感じを匂わせた展開でした。

それぞれの案で激しく議論されるのですが、やはり派閥的な物もあり中々結論が出ません。
そんな中、一人の若い医師が言います。
「院長! 院長はどちらが良いと思いますか!?」
全員注目します。院長の発言権は強く、鶴の一声的に決着がついてしまうのだから当然です。
緊張に包まれ静まり返る会議室。しかし、院長は微笑みを浮かべながら言います。

「患者さんのためになることです。存分に話し合いましょう」

……そうでした。お話的には派閥の勝ち負けが決まる会議でも、患者さんにとっては一生を決めかねない重要な案件です。鶴の一声で決めて言い訳がありません。
ドラマの展開に飲み込まれ、脚本家にしてやられました。ハッキリ言って完敗の一言です。

確かこの後、「派閥争いに患者を巻き込んでしまった……」と初老の医師が副院長選を辞退します。
どう考えても辞退した医師の方が相応しいのですが、なんだかさわやかな空気の中、物語(この一件?)は終息します。

最近、邦画ドラマを見ていません。洋画のみです。
観たいと思える実写映画もありません。寂しい限りです。
posted by sola at 21:56| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

『Re:CREATORS(レクリエイターズ)』

ちょっと予想外でした。
『Re:CREATORS(レクリエイターズ)』。

作り出された原作者をアルタイルが本物認定するとは……。
絶対に敵対すると思ってただけに、オラ、びっくりしちまっただ。

メテオラの残留は予想通りでしたが、力って失っていくんですね。
築城院真鍳が全く出てこなかったのは意外。しかしながら、力を失っているのであれば追う必要も?
でもやっぱり何かやってそうな気がします。別れの言葉遊びが意味深でしたし。

続編があるとすれば、築城院真鍳が何かやらかすのでしょうが、とりあえずはDVDの特典で何かするのでしょう。
ただしその後の話ではなく、全員がニアミスしてた的な最終イベント前のお話で。

最近、てさぐれの百合狼編のDVDを買おうか迷っています。かなり……。
収録されてる奴だけですが。
posted by sola at 21:55| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

やっぱりそうなるよね、な話

『Re:CREATORS(レクリエイターズ)』。
原作者の被造物化とオリジナルアルタイルの作成。
書いたことが本当になりました。


ついでになりますが、この先も予想してみましょう。
まず、ある二人を残して被造物は消えると思われます。
消えるというか、それぞれの物語へと帰還でしょうか?
作戦にあたって前日譚は書かれたと思うので、後日談で記憶の辻褄合わせが行われるはずです。
原作者も大変ですのぅ。

まずセレジア編は、心中の記憶は失くし思いだけが戻るという感じ?
アリステリアとまみかも同様でしょう。
ブリッツ・トーカーは何かひねった感じで記憶と共に帰還しそうです。
後は……ロボとペルソナ使い達は不明。できたら記憶を保持したまま帰ってほしく思います。

ということで、居残り組は築城院真鍳とメテオラ・エスターライヒのお二人です。
この二人は単純に追われる者と追う者な関係で居残りしてしまうんじゃないかなぁっと。

書いてたら日付が変わりそうになってきました。
外れてたら笑ってください。HEHEHE.
posted by sola at 23:45| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

『バッカーノ!』

一挙放送です。ただしタイムシフト視聴ですが。
『バッカーノ!』。

群像劇なのですが、この手の物はタイムラインが前後しまくりでストーリーが掴みづらいという欠点があります。

おぼえ……られない……。
posted by sola at 21:33| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

『Re:CREATORS(レクリエイターズ)』

面白いアニメにもいつか終わりが来ます。
『Re:CREATORS(レクリエイターズ)』も終盤となりラストに向かって突き進んでいます。

主人公が作り出した被造物はアルタイルの原作者ではないかと思ってます。
違ってたら赤っ恥ですが。

根拠は、単純にソレしかないだろうと。

同人的二次創作によって無数のチート能力を持つアルタイルを倒すためには、やはりチート能力を否定する必要があると思われます。
となれば、原作者による二次創作設定の否定でしょう。
「公式設定でそんな設定はありません」と言ってしまえば承認力も落ちようもんです。
そして『アルタイルの原作者』を知るのは主人公しかいません。家族にもイラストのことは話してなかったみたいですし。

と、ここまで書いてもう一つのひねた可能性。
『アルタイルの原作者』が描いたアルタイルを作り出すというのもあるかもしれません。

ラストがどうなるのか判りませんが、拙いながらも主人公にしかできないこと――をして〆るのではないかと思ってます。

あと築城院真鍳は生き残りますね。消えずに。
posted by sola at 23:21| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする