2017年11月21日

本を読みたいですよ?

来月頭に楽天セールです。

本を買いましょう。
このすばの続きを買いましょう。
posted by sola at 23:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

『ウォッチドッグス』ネタバレ

『ウォッチドッグス』のネタバレです。
一通りしかやってないので、いつも通り勘違い等あるかもしれません。
注意が必要です。

このゲームの場合、あらすじをツラツラと書くよりも人物紹介をしていった方が良いと思われます。
ストーリー的にも新キャラ登場で進んでいく感じなので。

●エイデン・ピアース
主人公のハッカーです。ただしルパン的なハッカーで、セキュリティを潜り抜け現場(コンピューターのある場所)に忍び込むことを得意としています。
物語開始当初も相棒兼師匠と組んでハッキングを仕掛けます。しかし途中で感づかれ失敗。後日、何者かに命を狙われ同乗していた姪を死なせてしまいます。
エイデンは復讐を誓い、自分を狙ったのは誰なのかを探る――という物語です。

普通に考えれば、直前のハッキング失敗が原因と考えられそうですが、心当たりがいっぱいありすぎて誰だ犯人は?状態です。

●ダミアン・ブリンクス
主人公の相棒兼師匠。ハッキング能力が高いスペシャリスト。エイデンの潜入技術には一目置いており、互いに高め合う良い関係だった。
ところが、姪を殺されたことでぶちぎれエイデンが離脱。コンビ解消となる。
起点となったハッキング失敗の原因を探るため、エイデンの妹を人質に取り無理やり従わせます。
ハッキリ言ってメインのキャンペーンでは悪人として扱われていますが……。
なんとなく、エイデンの姪の死とハッキング失敗を早くから結び付け、エイデンを手助けしようとしていたのではないかと思ってます。
妹を人質に取られたことでエイデンがぶちぎれ、最終的にはエイデンに撃ち殺されます。

●クララ・ライル
ダミアン(元相棒)の代わりに組むことになった凄腕のハッカー。

当初からやけにエイデンに親切で、やや挙動不審。
それもそのはず、『ハッキング失敗事件』の犯人を特定しろと黒幕に依頼され「犯人はエイデンとダミアン」と割り出したハッカーがこの子。
つまり、クララが犯人を割り出さなければエイデンは襲われることもなく姪も死ななかった――と言いたいところだけども、クララがやらなくても別のハッカーによって割り出された可能性大。
姪の死に責任を感じており、単独で贖罪しようとしたところで敵に撃たれ死亡。

●ニコル "ニッキー" アン・ピアース
エイデンの妹で、件の姪(レナ)の母親。姪の死に責任を感じているエイデンを攻めないどころか、逆に「レナの死は終わったこと」と過去を振り返らないよう説得している。ややブラコン?
ジャクソンという幼い子供がいる。
エイデンが有名になりすぎたことで、親子そろって命を狙われることとなる。そのため、エイデンの手によって町から逃がされ……音信不通に。エイデンは別れ際に「オレにも居場所を知らせるな」と告げた。

●レイモンド "T・ボーン" ケニー
天才システムエンジニア。ctOS(リアル世界で言えばwindows)を作った重要人物。
早くからctOSによる監視社会に疑問を抱いており、彼の危惧通り、ブルーム社(ctOS運営会社。リアル世界で言うマイクロソフト)により世界は監視されていた。
ブルーム社をクビになった後は片田舎で隠居していたが、エイデンにより表舞台へと戻された。
制作者だけあってctOSへのハッキング能力は高く、エイデンを助けまくる。
エイデンの復讐(黒幕殺害)を見届けた後、エイデンに別れを告げ何処かへ去る。


●イラク
『ハッキング失敗事件』の原因。実はあの時、もう一人ハッカーが侵入していた。それがこの人、通称イラク。(だったのだろうと思われる)
ギャングの親玉で、「これからはコンピューターの時代」であると常日頃から考えていた。
エイデンによって手下もろとも殺される。

●ラッキー クイン
エイデンに刺客を送り込んだ黒幕的老人。つまりラスボス的存在でもある。
市長と繋がっており(脅迫している)、その脅迫のネタをエイデンに見られたと勘違い。
流布されると脅迫できなくなるためエイデンを殺そうとした。
エイデンに追い詰められるがパニックルームに逃げ込むことに成功。強化ガラス越しに勝ちを確信したところで……心臓のペースメーカーをエイデンにハッキングされる。停止されたのか、徐々に弱まり死亡。
倒れ弱りゆく老人と、それを見下ろすエイデンの構図は印象深いシーンの一つ。

●モーリス・ヴェガ
エイデンを襲い、姪(レナ)を死なせた実行犯。
姪を除けば、ハッキリ言って作中で一番不幸な人物な気がする。
というのも、この人、改心し真面に生きようとしていました。しかし、周囲がそれを許さなかった。
ctOSによって脅迫のネタを掴まれ、悪党に良い様に使われまくりです。

恋人を人質に取られ、仕方なくエイデンを襲おうとしたのですが……、エイデンが運転する車にレナの姿を見つけてしまう。
エイデンを撃ち殺せず、代わりに前輪を撃つことにした。
ところがである――走行中の車、その前輪が突然パンクしたら普通制御不能になります。
結局、エイデンは死なず。代わりにレナが死亡。
自身でも「俺は何がしたかったんだ……」と心中を吐露しています。

実行犯であるモーリスは最初のチュートリアルで捕まえます。
にも拘わらずラストに持ってきたのには訳があります。

実は、「モーリスを殺すか? それとも殺さないか?」という選択肢がゲームのラストに登場するのです。
サブクエストで「真面目に生きようとしていた。しかし恋人が人質に取られた」等の事情を知ると……、ただ使われていただけの彼を殺すことに疑問をもってしまいます。

チュートリアルで捕まり、世界から隔離(監禁)されたことで、彼の持っている情報は限定的になります。
1.エイデン殺害に失敗したから、恋人は人身売買で売られた。
2.謎の黒幕(ラッキークイン)に脅迫のネタを握られている。今助かっても脅迫は続く。
の二つです。


メインとサブ両方クリアすることで、エイデンが手にする情報は二つです。
1.モーリスの恋人とは知らずに助けていた。彼女は無事逃げ延びたし、これからも追われることはない。
2.黒幕(ラッキークイン)は既に殺した。モーリスを脅す奴はもういない。
モーリスはこの二つを知らないがために、「さっさと殺せ。お前も黒幕にはきっと敵わない」と言い自暴自棄になります。


さぁ、「撃ちますか? 撃ちませんか?」。

自分の場合、サブクエストをやる前だったので悩んだ挙句に撃ち殺しました。
シンプルでありながら、非常に情緒あふれる演出につながるので、是非一度は撃ち殺して欲しいです。
posted by sola at 23:51| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

『ウォッチドッグス』おわり

『ウォッチドッグス』、サブクエストを粗方し終わりました。
やはり善良な人々から預貯金を奪う物が多く、もう少しダークヒーローよりに出来なかったのかなぁっと思います。
ギャング退治も基本、周りの被害無視できてしまいますし。

そして……、サブクエストにより周りの状況(事情)を知るに至り、「うわぁ」という感想が生まれます。
長くなるのでここら辺のマトメはまた後日に。
posted by sola at 20:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

『ウォッチドッグス』その後

サブクエストを進めています。

『ウォッチドッグス』のサブクエストはメインストーリーで出てきた人たちの事情を掘り下げるタイプの様です。
あるサブクエストを進めていけばいく程に……、なんだか嫌な予感がしてきてます。
posted by sola at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

『ウォッチドッグス』クリア

『ウォッチドッグス』、ようやくクリアしました。
メインストーリー自体は短かった気がします。

このゲーム……やって良かったと思える出来でした。
ゲームラストなんかは、なかなかの良演出。
最後に迫られた選択肢――とか、普通にネタバレしそうな勢いで書いてしまいました。

というかネタバレしても良いと思うのですが、いい加減古いゲームなので。

ストーリーの不満点は一つだけ、やはり主人公はダークヒーロー的な立ち位置にして欲しかったです。
ギミックとしては悪人以外から盗みをすると社会的評価が下がるとか、そんなシステムがあれば良かった。
最初の頃は悪人っぽい人からだけお金を頂いていたのですが、だんだんと面倒になり……結局、善人からもお金を奪ってしまいました。
ダッテ デメリット ガ ナインダモノ。

少し興味のあるサブクエストが残っているので、後はそれを終えてゲーム終了とする予定です。
さすがに全部をコンプリートする気にはなれません。
もっと気軽にオンラインモードのオン・オフを切り替えられればいいのですが……。
posted by sola at 21:17| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

17.6度

PCを付けていてこの温度です。
暖房として機能していません。

寒い。
posted by sola at 22:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

イクシオンサーガDT

なんだか突然『イクシオンサーガDT』というアニメを思い出しました。
具体的には、そのアニメのED曲を。

たまに聞きたくなるんです。あの曲。
小さく杉田智和さんの歌声が聞こえてくるのもツボにはまってます。
posted by sola at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

『ゼイラム』

二次元を実写化。
神をも恐れぬその行為。
いろいろと騒がれています。

――が、ここで一本の映画を紹介したく今日の投稿となりました。


タイトルで既に書いていますが『ゼイラム』という和製SF映画があります。
約20年前の映画で……さらに低予算です。

嫌な気しかしないかもしれませんが――凄く面白い映画でした。
簡単に記憶であらすじを書くと、

逃亡した凶悪な古代兵器『ゼイラム』。そして、それを追って地球へとやってきた賞金稼ぎイリア(ヒロイン)。
ゾーン(結界的な閉鎖空間)を作り出し、そこに『ゼイラム』を追い込むことに成功したのだが……。
アクシデント発生、地球人二人も一緒に閉じ込められてしまった。
イリアと地球人二人は協力し『ゼイラム』を倒し、無事ゾーンから脱出できるのか!?

と言った感じです。もう一度書いておきますが記憶です。
たぶん、若干の違いがあると思います。

この映画。お金の使いどころがホントに上手でした。

まずは撮影場所! 実質、ゾーン内だけ。そのゾーンも大して広くありません。
そしてキャスト! イリアとその相棒AI(声だけ)。地球人二人。ゼイラム。たった5人です。
SF要素の制限! ゼイラムは逃亡中な為、大した装備を持っていません。地球人二人は普通の電気工。SF装備はイリアだけ。つまりイリアとゼイラムに予算を集中させ、しっかりした物を作れば凄く見栄えがよくなります。

ストーリーも素晴らしい。
なにが素晴らしいって、下手に恋愛要素を入れなかったことです。
地球人二人はおじさんと青年なのですが、どちらもイリアとくっつきません。
二人は電気工な為、現地の物を活用してイリアを手助けしますが……、正直な所、足手まとい。
イリアが惚れる要素はほぼありません。
確か最後は戦友として記念写真を撮ってたくらいスガスガしい物でした。

この『ゼイラム』という映画。実は『ゼイラム2』も制作されています。
面白かったですから、やはり売れたのでしょう。
お話も1と繋がっていて、地球人二人がまたメインキャラとして出てきてくれたのは大変嬉しかった記憶があります。


さてさて前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。
実はこの『ゼイラム』という映画、OVA化(アニメ化)されました!
実写映画からのアニメ化。珍しい展開です。
クオリティも高く、ゼイラムやAIの秘密等にも掘り下げられました。

内容的にも重複はしていないので、実写を観た方はOVAを。OVAを観た方は実写を。
両方観てない方は……両方を是非観ていただきたい。

絶賛はしないけれど、そこそこ楽しめる内容です。
posted by sola at 21:56| Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

for honor

明日です。
アップデート。

でも日本時間で14日なのか?
わたし、気になります。
posted by sola at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

『KBCドォーモ「週刊スター・ウォーズ」100巻を3日でつくる企画@』

今見てるのですが意外に面白い内容です。

デアゴスティーニのアレです。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv308519331?
posted by sola at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする